スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百万石のルーツは?④

  • 2013/03/17(日) 20:26:38

金沢城② (かなざわじょう) ■所在地/石川県金沢市丸の内 ■城郭構造/梯郭式平山城 ■別名/尾山城、金城 ■築城年/天正8年(1580年)■築城主/佐久間盛政・前田利家

(平成25年2月28日)

金沢城map01

金沢城、前回の続きです。

金沢城052
石川門、頑丈な鉄扉の二の門(櫓門)をくぐると三の丸に出ます。

前田利家が入城後に整備が始められた頃の金沢城は、本丸を中心に、東丸、二の丸あたりが城域であり、三の丸や二の丸御数奇屋、新丸などには重臣の屋敷が配置されていました。
その後、重臣の屋敷が場外に移されると三の丸には番所が置かれました。かつては河北(かほく)門、石川門、橋爪門の「金沢城三御門」が三の丸を囲んでいました。

現在は復元された河北門、菱櫓、五十間長屋に橋爪門と橋爪門続櫓、そして現存の石川門が三の丸をぐるりと取り囲み金沢城一の景観が楽しめます。

金沢城013
三の丸広場から見た復元された五十間長屋と櫓。

広大な三の丸広場に入ると、圧倒的なスケールの光景が目の前に広がります。
左から橋爪門、橋爪門続櫓、五十間長屋、菱櫓で、平成13年(2001年)に復元されました。右端の門は平成22年(2010年)に復元された「河北門(かほくもん)」の二の門です。
中央の「五十間長屋(ごじっけんながや)」は橋爪門続櫓と菱櫓を結ぶ二層の多門櫓で、普段は倉庫となっていましたが、戦時には二の丸を守る砦となりました。

では、右の「菱櫓」から順番に紹介していきます。

金沢城015
こちらが「菱櫓」で内側が城の中心部、藩庁が置かれた「二の丸」になります。

「菱櫓(ひしやぐら)」は、その名のとおり菱型をしており3層3階で二の丸で一番高い櫓です。尾坂門(大手門)、河北門(かほくもん)、石川門を一望することができ、三の丸、新丸を監視する役目を持っていました。

金沢城014
右から菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓と続いています。

金沢城018
五十間長屋と橋爪門続櫓です。唐破風を設けた出窓は、石落としになっています。

五十間長屋は各所に置唐破風の石落としを設け、海鼠壁(なまこかべ)の格子窓は鉄砲狭間になっています。
この一連の復元された建物は、明治以降に建てられた木造城郭建築物としては全国再最大規模で、土台石垣の解体、修築を含め、伝統的な木造軸組工法で平成10年3月から3年4ヶ月をかけて造られました。

金沢城027
内堀に映った姿も美しい五十間長屋と橋爪門続櫓。

金沢城017
橋爪門続櫓と橋爪門一の門、内堀に架かる橋爪橋です。門内では二の門の整備復元工事が進められているため、橋爪門は現在は閉じられています。

金沢城016
内堀から全体を見ていますが、青空に白い鉛瓦が映えています。

ninomaruhiroba.jpg
二の丸から見た五十間長屋と菱櫓、その長大さが分かります。
この二の丸には広大な二の丸御殿が建てられていました。

gojikkennagaya
復元された五十間長屋の内部です。

次は最近、平成22年に復元された「河北門(かほくもん)」を見たいと思います。この河北…
(ちょっと待った!)
えっ?何か…σ(^_^;)
(復元された、復元されたって、金沢城は復元ばっかりかよ!)
嫌だなぁ…金沢城は何回も火災にあって、ほとんどの建物は残ってないって前回紹介したじゃない(ーー;)
(そうだっけ…)
記録に残ってるだけでも、まず慶長7年(1602年)に落雷で5層の天守閣が焼失し、その後、元和6年(1620年)、寛永8年(1631年)、宝暦9年(1759年)、文化5年(1808年)の4大火事など、江戸時代の255年間に大小合わせて56回も火事に見舞われたらしいよ。
その度に天守閣以外の櫓や御殿を建て直してたけど、最後に明治14年(1881年)当時城内に置かれてた陸軍第9師団司令部からの失火で、石川門、三十間長屋と鶴丸倉庫を残して全焼しちゃったって(T_T)
これは北陸独特の冬の落雷、春先から初夏にかけてのフェーン現象、あとは火の不始末が原因って言われてるけど…
(それにしても火事が多すぎないか?)
だよね!「火事と喧嘩は江戸の花」 と言われるほど火事が多くて、人家が密集した江戸でも、江戸城の火災は266年間に大小36回だったらしいから…
(んんん…これは何かの祟りかもな?)
そうかも(>人<;) で、多分これは誰も言ってない説なんだけど…
前回も少し紹介したけど金沢城は、もともとは「百姓の持てる国」として加賀一国を支配していた加賀本願寺が、天文14年(1545年)に教団の政庁として造った「尾山御坊(おやまごぼう)・金沢御堂(かなざわみどう)」の跡地に織田信長の重臣、柴田勝家の甥、佐久間盛政が築城したのが始まりだよね。

金沢城046
二の丸と三十間長屋のある本丸の空堀に架かる「極楽橋」。
その名前から金沢御堂の遺構といわれ、当時御堂に参詣する人が朝、念仏を唱えながらこの橋を渡り、夕方、日本海に沈む夕日を拝んで極楽往生を願って帰ったといわれています。(現在の橋は修復されたもの)

信長は柴田勝家、佐々成政、前田利家らに命じて加賀一向一揆制圧のため加賀に侵攻。天正8年(1580年)4月に金沢御堂は攻め落とされて100年間続いた本願寺による加賀支配が終わったんだけど、信長は一向一揆を徹底的に弾圧してるから、ここでもかなりの事をしてるんじゃないかな?
(伊勢長島の一向一揆制圧の様な大虐殺か?)
そうそう、加賀を制圧した柴田勝家は、甥の佐久間盛政に石川・河北2郡13万石を与え、盛政は金沢御堂を戦国城郭に改修して尾山城として入城。つまり、本願寺門徒の恨みがこもった場所を、そのまま自分の城にしちゃったわけだよね?
(その後に入ったのが前田利家か?)
そうなんだけど、戦国武将って縁起をかつぐって言わない?方角が悪いとか、日柄がどうとか…
例えば、関ヶ原の戦いで軍功があった井伊直政は、家康公から近江国北東部を与えられ、最初は西軍指揮官・石田三成の居城で名城といわれた佐和山城に入城したけど、敗軍の将の三成の城は縁起が悪いと廃城にして、新しく彦根山に築城を開始したのが今の彦根城。彦根城は大した火災にもあわず、現在も国宝として残ってるよね。
前田利家も、ここが自分の領地になった時に城を移しときゃ良かったんだよ。絶対ここは縁起が悪い場所だと思わない?こんなに火事が多かったのもきっと本願寺門徒の祟りだと思う( ̄▽ ̄)
(ふーん、それがあんたの新説?)
この説、多分当たってると思うけど…「坊主○せば七生祟る」って言うしf^_^;)
加賀前田家は、利家から数えて明治維新まで14代続いて、その14代の内に火事があったのが56回。最後の火事が明治14年、これってみんな「7の倍数」。うわぁ〜!怖あぁ(>人<;)
(オイオイ!金田一じゃないんだから!)
豊臣秀吉の大坂城も元は、信長の最大の敵だった石山本願寺の跡地にそのまま建てた城だからね。結局落城しちゃったでしょ?
今の大阪城は、秀吉の造ったものを徳川幕府が徹底的に破壊して、地下に埋めて更地にした上に建てた城だし。やっぱり落城させた城をそのまま使うのは嫌だったから、縁起をかついで地下に埋めちゃったんだと思うよ。
(あまり金沢の人には聞かせられん説だと思うけど(^_^;))
・・・
じゃあ、そろそろ河北門へ行ってもいい?
(どうぞ…)

金沢城029
三の丸にある河北門(かほくもん)の二の門(櫓門)です。

金沢城030
櫓門形式で、石川門と同じく枡型門になっています。

金沢城032
二の門をくぐった枡型内部。こちら側が正門になります。

金沢城051
復元にあたっての立面図です。

「河北門(かほくもん)」は、金沢城の大手から入り、河北坂を上がったところに位置する「三の丸の正面」であり、金沢城の実質的な正門です。「石川門」「橋爪門」と共に「金沢城三御門」と呼ばれていました。金沢城の建物の大半が焼失した宝暦の大火(1759年)の後、安永元年(1772)に再建されました。再建後、明治15年頃に取り壊されるまでは金沢城の実質的な正門としての役割を果たしていました。
復元工事は平成19年11月に着工し、平成22年4月まで約2年半の歳月をかけ約130年ぶりに甦りました。

金沢城050
河北門、枡型の構造です。

高麗門である「一の門」、櫓門の「二の門」、「枡型土塀」と続櫓の機能を持つ「ニラミ櫓台」の4つで構成された枡型門で防御性を高めています。

金沢城033
枡型内部から見た「一の門」です。

一の門は、三の丸に入るための最初の門であり、幅4.7m 、高さ7.4mの総欅(けやき)造りの高麗門で、外の脇土塀を海鼠壁(なまこかべ)仕上げとし、土塀の内部には写真の様に「隠し狭間」が設けられています。戦の時には狭間外側の海鼠壁を破って鉄砲狭間として使えるようになっています。

kawakitamon-new
櫓2階内部の壁や床などには、檜の一種である能登ヒバが石川門同様に用いられています。

kahoku-ichinomon
「一の門」と「ニラミ櫓台」、後ろに見えるのは三の丸の菱櫓と五十間長屋、橋爪門続櫓です。
石川門を除いてここまでが復元建物です。次からは数少ない江戸時代から現存の建物を紹介します。

金沢城021
こちらが「鶴丸倉庫」とも呼ばれる江戸時代の土蔵です。

金沢城土蔵は、金沢城本丸の北側に嘉永元年(1848年)に建てられた大型土蔵で、鶴丸倉庫とも呼ばれています。土蔵造2階建の切妻造、桟瓦葺で、もとは武具蔵として使用されていました。

(ちょっと待った!)
えーっ?またぁ( ̄O ̄;) 今度は何ぃ?
(お城だって言うから楽しみにしてたら土蔵?)
ただの土蔵じゃないから!現存する近世城郭の土蔵の中では最大のものっていわれてる貴重な土蔵なんだよ。
たぶん土蔵フェチにはたまらないと思うよ(^_^)v
(そんなフェチいないし(; ̄O ̄))

金沢城022
土蔵フェチにはたまらない「鶴丸倉庫」でした♪

金沢城020
本丸から見た五十間長屋の全景です。

金沢城023
振り返ると本丸にもう一つの江戸時代の遺構「三十間長屋」が見えます。

金沢城024
こちらが本丸附段にある2層2階の多聞櫓「三十間長屋」。実際には26間半だそうです。
宝暦の大火(1759年)で焼失した後、安政5年(1858年)に火薬庫として再建されました。金沢城に現存する長屋建築としては唯一のものです。

(ちょっと待った!)
今度は何ぃ?
(さっきの土蔵もそうだけど1858年に再建って、あと10年で明治?)
そう!でも一応は江戸時代の遺構だからね(*^^*)
(なんかポツンと建ってて寂しい建物だな…)
それがまた長屋フェチには(^_^;)
(だから、そんなのないから!)
次の写真見てよ、石垣が凄いから!

金沢城053
石川門、河北門で見られる「切り込みハギ」で積まれていますが、真ん中をわざと粗く仕上げる「金場取り残し積み」という技法が用いられています。

(無駄に細かい仕事してるな…)
さすが職人技!と言って欲しいと思うけどね(^_^;)
(あんた天邪鬼のくせにお城には甘くないか?)
そう?お城フェチかも…

金沢城025
西から見た三十間長屋です。

金沢城026
西側のみ、左右に唐破風付きの出窓が設けられています。戦時には中から攻撃出来るよう鉄砲狭間になっています。

以上2つの建物が一応江戸時代の遺構ですが、とにかく現存の建物が少ないため、何を見るお城かよく分かりません。金沢のシンボル石川門で有名なお城ですが、天守閣があるわけでもなく、かと言って以前紹介した安土城の様な古城という雰囲気でもありませんし…
以前は金沢大学のキャンパスだった事からも分かるように、やたらに広い敷地を復元に次ぐ復元工事で(現在も橋爪門は復元工事中)埋めようとしている様にも感じます。
復元されたお城でもいいと言う方には、五十間長屋と各櫓群は超お勧めですが、古城フェチの方には物足りないと思います。「石垣の博物館」とも呼ばれているのでいろんな石垣を見て回るのもいいですが、これも石垣に興味がなければ全く面白くもありません。
まあ、結局よく分からないお城ですが、金沢市は何十億円も掛けて次々復元工事ができるお金持ちの市である事は確かなようです(^_^;)

最後に「百万石のルーツは?」私の故郷、愛知県名古屋市です。
加賀百万石の礎を築いた前田利家は、尾張国海東郡荒子村、今の愛知県名古屋市中川区に生まれました。現在の金沢市の繁栄の基を作った利家ですが、金沢の人みんなが利家を慕っているかと言えば、どうも別のようです。

これは金沢在住の知人に聞いた話ですが、利家が金沢城に入城したことに因んで毎年6月に行われる「百万石まつり」という有名なお祭りがあります。主催は金沢市役所と金沢商工会議所ですが、商工会議所が協賛金を募るために各戸を回って寄付を頼んだところ、「前田利家のまつりなんぞ関係ないわいね、あれはえんじょもんがやろ!」と断られた事があったそうです。

「えんじょもん(遠所者)=よそ者」ということで、つまり前田利家は尾張(名古屋)から金沢に来た「よそ者」だと。そんなよそ者のまつりに寄付なんか出来ないというのが理由のようです。
寄付を断った人達は利家が金沢に入城する以前、「金沢御堂」がこの場所にあった頃から代々住んでいる人達で、400年以上経っても前田利家は今だに「尾張者」「よそ者」扱いされているんですね(>_<)

(さすがにそれは可哀想だよなぁ…)
確かに!400年経ってもよそ者扱いはちょっとね…
これ以上言うと悪口になるから止めときますが(^_^;)

これで「百万石のルーツは?」は終わりです。次回は、世界遺産の岐阜県の「白川郷」を紹介します。

スポンサーサイト

百万石のルーツは?③

  • 2013/03/15(金) 11:18:31

金沢城① (かなざわじょう) ■所在地/石川県金沢市丸の内 ■城郭構造/梯郭式平山城 ■別名/尾山城、金城 ■築城年/天正8年(1580年)■築城主/佐久間盛政・前田利家

(平成25年2月28日)

金沢城019
尾山神社でも紹介した「戸室石」を使用した金沢城の石垣です。

金沢城は「加賀百万石」といわれた前田家累代の居城です。城は加賀平野のほぼ中央を流れる犀川(さいがわ)と浅野川に挟まれた狭長な小立野(こだつの)台地の先端に位置しています。
金沢城の前身は、加賀一向一揆(かがいっこういっき)の拠点となっていた尾山御坊(おやまごぼう)で、天正8年(1580年)柴田勝家の甥、佐久間盛政が攻略し、御坊の跡地をそのまま城として用い、「尾山城(おやまじょう)」と称しました。
その後、柴田勝家、佐久間盛政が「賤ヶ岳の戦い」で羽柴秀吉に滅ぼされると、尾山城には前田利家が入り文禄元年(1592年)から城の改修工事を始め、名前も「金沢城」と改めました。

修築後は、5重の天守閣や多数の櫓を建て並べ「加賀百万石」に相応しい居城でしたが、天守閣は慶長7年(1602年)落雷によって焼失。以後は再建されず、「御三階櫓(ごさんがいやぐら)」と呼ばれる櫓が置かれ、天守の代用をしていました。
以後、幕末まで前田家の居城でしたが、城内の建物は度々の火災によりほとんどが失われ、現在城内に残る建物はわずかに「石川門」と「三十間長屋」、「鶴丸倉庫」だけです。

金沢城001
平成22年(2010年)に復元され、水が張られた「いもり堀」。

尾山神社の東神門を出て道路を渡り、金沢城公園へ向かいました。左手に新しそうなお堀が見えてきました。このお堀が復元された「いもり堀」です。
金沢城の周囲には、大手堀、いもり堀、百間堀(ひゃっけんぼり)、白鳥堀(はくちょうぼり)の4つの堀がありましたが、現存するのは大手堀のみで、他の3つの堀は明治時代末から大正時代にかけて埋め立てられ、道路などになりました。このうち、いもり堀は復元作業が行われ、2010年4月に再び水が張られました。

金沢城map01

案内図、左の「いもり堀」は、金沢城の南西側を囲む外堀で、明治40年(1907年)旧陸軍により上部の削平と埋め立てが行われ、その跡地は陸軍用地を経て、戦後はテニスコートとして利用されていました。
江戸時代の堀は、幅が広いところで約40m、深さが10m以上ある水堀で、斜面は土羽(どは・盛土)で、比較的緩やかな勾配で造られており、南東端には「鯉喉櫓台(りこうやぐらだい)」の石垣がありました。

金沢城003
復元された「いもり堀」と「鯉喉櫓台(りこうやぐらだい)」。

「鯉喉櫓台」は、寛文4年(1664年)の修築時の姿を残す、整然とした粗加工石積みの石垣です。高さは約8間(14.4m)ありましたが、明治40年(1907年)に上部が崩され「いもり堀」とともに埋められてしまいました。
平成15年(2003年)に発掘調査が行なわれ、現存石垣の上部に新しく石垣を積み上げ、平成22年(2010年)に復元されました。写真の上2/3くらいが新しく積み直された石垣です。

金沢城004
左に見える石垣は「辰巳櫓跡」です。

金沢城002
金沢城で最も美しいと言われた石垣が復元されました。

金沢城005
「辰巳櫓跡」の石垣です。
この石垣、現在は段々になっていますが、築城当時はひと続きの髙石垣だったようです。

金沢城007
お堀通り(百間堀)から見た「石川門」

金沢城039
現在のお堀通りは「百間堀(ひゃっけんぼり)」という水堀でした。
上に架かる橋は「石川橋」で左が「兼六園」、右が「石川門」です。

金沢城038
お城を半周しました。現存するただ一つのお堀「大手堀」です。

金沢城045
大手掘の石垣です。

上段の石垣は寛政11年(1799年)の地震で崩れたものを翌年修築したもので、大手門を形成する石垣になります。堀際の石垣は築城時(慶長)のものと考えられています。

金沢城047
大手堀の土橋を渡った所にある大手門(尾坂門)跡です。
右に直角に曲がる「枡形」になっています。

こちらが本来の金沢城の正門となる「大手門(尾坂門)」です。
巨大な割り石を使用した「打込みハギ」の石垣が、往時の強固な大手門をしのばせます。ひと際大きな石は「鏡石」と呼ばれるもので、一般には城の正面に用いられ、城の威厳を示すものといわれています。

佐久間盛政の頃、大手門は西丁口(現在の黒門)にありましたが、前田利家が入城した後に大手門を尾坂口に改めました。大きな枡形で城内でも屈指の大きな櫓台を備えていますが、現在残っている絵図ではすべて「櫓台」として表記され、櫓がのっていた事実は確認されておらず、門扉として木戸が設けられていたようです。

金沢城049
大手門櫓台の内側ですが、石段がある以上何らかの防御壁があったとも考えられます。

(何か石垣ばっかりやなぁ( ̄▽ ̄)お城は?)
金沢城は『石垣の博物館』と言われてるからね(*^^*)
(見てる人飽きちゃわないか?)
そうかなぁ?これから有名な石川門へ回りますから(^_^;)
ところで、石川門って裏門だって知ってた?
(兼六園から橋を渡った正面の門だから正門じゃないの?)
そうなんだよね。兼六園の向かいだし、有名な門だから結構正門だと思ってる観光客が多いけど、実は「搦手門(からめてもん)」と言って金沢城では裏門にあたる門なんだって。
で、正門にあたるのが上の写真の石垣だけの「大手門(尾坂門)」(^_^)v
(ふーん、どっちにしても石垣だらけだな…)

金沢城037
石川橋まで戻り、橋からお堀通りを見ています。
現在は百万石通りに繋がる幹線道路で、ここが昔はお堀だったとはとても思えません。

金沢城040
が、明治20年頃の「百間堀」の写真を見ると…確かに満々と水を貯えたお堀です(^_^)v
左が「石川門」ですので、中央が昔は土橋(盛り土)だったいう「石川橋」です。

金沢城006
石川橋から見た「石川門」、石川門は修復工事中でした。

金沢城008
天明8年(1788年)再建の「石川門」と「二重櫓」です。

金沢城043
屋根瓦は「鉛瓦(なまりがわら)」のため、雪の様に白く見えています。

金沢城028
前田家の梅鉢(うめばち)の家紋で飾った鉛瓦です。

この鉛瓦は、焼いた瓦ではなく木材を瓦の形(1枚の大きさは、おおよそ44~45cm×19~20cm)に作り、その上に厚さ4.5~7.6mmの鉛板を銅釘で打ち付け、木の型に鉛板を押し当てて、木槌で叩いて作った物です。
江戸時代、城の全ての屋根に鉛をかぶせたのは江戸城を除けば加賀藩だけで、金沢城の諸建造物と、かつては加賀藩が支配していた越中高岡の瑞龍寺(ずいりゅうじ・2代藩主前田利長の菩提寺)の仏殿ぐらいでした。

なぜ鉛瓦が使用されたのかについては、北陸の冬の寒さ、雪や凍結から瓦の破損を防ぐ。また戦時には鉄砲の弾丸として利用できる。など諸説ありますが、戦時に鉄砲の弾丸にするのは『泥棒を捕らえてから縄をなう』式で余り役に立つとは思えず、白く輝いて美観に優れることと、当時は鉛が多量に余っていて安価だったからという説が有力なようです。

金沢城010
刻印が残る石川門の石垣。

この刻印は、石垣普請に携わった加賀藩の家臣や、石工集団の符牒のために印されたもので、金沢城の石垣全体の刻印は1400余りあるといわれています。

金沢城009
石川門の一の門(高麗門)、中に入ると右に直角に折れて二の門(櫓門)があります。

「石川門」は三の丸の搦手門(からめてもん・裏門)で、石川郡方向に向いているため名付けられたといわれ、金沢城にとって重要な門の一つです。
この門は、前田利家が金沢城に入った時にすでに建てられていたそうですが、宝暦9年(1759年)の大火により焼失し、天明8年(1788年)に再建されました。現在の石川門は再建当時のものです。
櫓門、2重櫓、多聞櫓、表門、南北の太鼓塀が組み合わされた「枡形(ますがた)」と呼ばれる複雑な二重の防御構造で構成され、櫓や櫓門には石落し、1間ごとに鉄砲狭間が設けられています。100万石の大大名の格式と威厳を示すため、唐破風や入母屋破風の出窓などを随所に設置し、実践的で秀麗な建物になっています。

金沢城042
この模型は一般的な「枡形門」の形式です。石川門も同じ構造になっています。

最初の門をくぐると四角く囲まれた空間になっています。その先には右に折れ曲がって更に門があり、囲まれた空間を設けることで、守りを厳重にした構造になっています。攻め込んだ敵はこの枡形で三方から集中攻撃を受けることになります。これを「枡形・枡形虎口(ますがたこぐち)」と呼んでいます。

金沢城012
高麗門内、枡形(ますがた)から見た二の門(櫓門)。くぐると三の丸に出ます。

金沢城011
門内の石垣と「海鼠壁(なまこかべ)」です。

石川門の見所のひとつ、左右違った積み方がされている戸室石(とむろいし)の美しい石垣です。左側は「打ち込みハギ積み(形や大きさを揃えた割り石を積み上げたもの)」、右側が「切り込みハギ積み(石を削り隙間なく積み上げたもの)」と呼ばれるものです。
特に「切り込みハギ積み」は、隙間にカミソリの刃も通らないと言われるほどの正確さで積まれています。

雨や雪が当る腰壁には、白と黒のコントラストが美しい「海鼠壁(なまこかべ)」が使われています。これは平瓦を壁面に貼り付け、目地を漆喰(しっくい)で固めたものです。
この塀には鉄砲狭間が等間隔に設けられ、表が四角い平瓦でカモフラージュされており、内側から突き破って鉄砲で攻撃できるような仕掛けになっています。

次回は、二の門(櫓門)をくぐった三の丸から紹介します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。