スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今鳴るは 芝か上野か 浅草か

  • 2013/02/17(日) 10:49:22

増上寺②(ぞうじょうじ)

(参拝日/平成25年2月6日)

kawasehasui
大正14年作、川瀬巴水「芝増上寺」

増上寺の続きです。
前回も紹介しましたが、ここ増上寺は「北御霊屋」「南御霊屋」を含め下の図のように広大な寺域を誇っていました。「北御霊屋」は約36,000平米、「南御霊屋」は約17,000平米あったといわれています。
今回は、明治から昭和初期に撮影された写真を紹介しながら、当時の姿を見ていきたいと思います。

増上寺鳥瞰図02
こちらは前回も紹介した明治時代の増上寺境内全図です。図の左端に「大門(だいもん)」が見えます。

増上寺大門
明治時代の「大門」です。先には「三解脱門」が見えています。

daimon
現在の「大門」です。

増上寺鳥瞰図04
境内図を拡大してみました。

sangedatumon02
上の図に描かれた当時に撮影された「三解脱門」です。

hondou01
同じく「本堂」です。

増上寺鳥瞰図07
次に「北御霊屋」を拡大してみました。右方向が北になります。

「北御霊屋」で現在の場所に残っている建物は、境内図下に見える「御成門(おなりもん)」と、有章院(7代将軍家継)霊廟の「二天門」のみです。この場所は現在東京プリンスホテルの所有地になっています。
「御成門」「二天門」と続けて紹介していきます。

meijionarimon
明治時代撮影と思われる「御成門」、奥が境内に
なります。

御成門02
こちらは境内から撮影された「御成門」、人力車が写っています。

増上寺043
現在の「御成門」です。御成門は将軍が参拝する時に使用された門で、もとは増上寺の裏門だったそうです。城門によくある「高麗門」形式になっています。

増上寺041
有章院(7代将軍 家継)霊廟の「二天門」です。

増上寺042
かなり痛みが激しいですが創建時の貴重な遺構です。

現在はプリンスホテル駐車場の片隅にあって、あまり見る人もいません。重要文化財ですが、このまま放って置いたら朽ちていきそうです(T ^ T)
現在は増上寺の所有ではないので、勝手に修復は出来ないと思いますが、オイ!西武グループ、金持ちなんだから修復くらいしてくれ(>人<;)

気を取り直して、次は御成門から境内に入ってみましょう。って、バーチャルですがσ(^_^;)

文昭院門前
7代将軍 家継廟(何とか院って分かりにくいのでこれでいきます)の前に来ました。

広角撮影になっているとはいえ、メチャクチャ広い境内ですね!(◎_◎;)
右の影になっている門が先ほどの「二天門」、左に見えている門が「勅額門」です。

有章院勅額門
こちらが「勅額門」ですが、凄い!まるで日光東照宮です。

「勅額門」とは天皇直筆の額を賜った門ということです。屋根は銅板葺で軒唐破風、側面は千鳥破風の四脚唐門で、柱には昇り龍、下り龍の彫刻が絡まっています。透塀の奥、右には鐘楼、左奥には拝殿の屋根が見えています。門の両側の透塀は境内図のように拝殿前庭を囲み、拝殿唐門の左右廊に接続しており全長は107間(約190m)ありました。

ところで、ここに祀られていた有章院こと、7代将軍の家継は、わずか3歳で将軍職を継ぎ8歳で亡くなりました。まさにお子様将軍でしたが、そのお子様の霊廟がこの規模!って…時の将軍家の財力と権力には驚くばかりです。
しかし、その後は幕府の財政難と、次代の暴れん坊将軍(8代将軍吉宗)の質素倹約令もあり、御霊屋の建立は禁止されました。そのため、以後の将軍の霊は既存の霊廟に合祀される事になり、宝塔は作られましたが霊廟建築としてはお子様将軍が最後となりました。

有章院勅額門02
明治期撮影の着色写真ですが、勅額門を入って鐘楼を見たところです。

この写真、上手く着色されています。もとの写真が鮮明に撮れていたのもよく分かります。別にわざわざ着色しなくても?と思いますが、当時の人はカラーで見たかったんでしょうね(^_^;)
しかし、柱の龍の彫刻が凄い!鐘楼もこれと同じ物が日光東照宮にもあるし、ここが日光東照宮と並び称された事がよく分かります。もし戦災で焼失しなかったら増上寺も世界遺産登録か?

文昭院霊廟中門001
拝殿側から「中門」を通して「勅額門」を見ています。

次からは、お子様将軍の父親で6代将軍家宣(いえのぶ)霊廟を紹介していきます。

bunsyouintyokugakumon
こちらは、6代将軍家宣(いえのぶ)霊廟の「勅額門」です。こちらも凄い!

6代将軍家宣(いえのぶ)の霊廟は、お子様将軍の霊廟の南に親子並んで建てられていました。 といっても当然こちらが先に建てられています。これだけの物を建てたあと、すぐにまた7代将軍の霊廟を建てた事になります。まるでマンションの建築ラッシュ並みです。

今でいえば、何とかハイツI・II みたいなものですね(*^^*)
(オイオイ!そのたとえはないやろ?)
でも分かりやすいでしょ(^_^;)
(まあね、でも御霊屋だからな…)

文昭院霊廟勅額門002
上の「勅額門」を内側から撮影しています。本柱と前柱の間には鳳凰の彫刻が施されています。

文昭院霊廟勅額門001
彫刻の豪華さがよく分かります。現在残っていないのが惜しい(>_<)

文昭院霊廟水盤舎001
勅額門をくぐった左手にある「水盤舎」です。

bunsyouintyumon
同じく勅額門をくぐった正面の拝殿「中門」。

zojyoji003.jpg
上の写真、中門左右廊の内側になります。「北御霊屋」の境内図、6代家宣廟「中門・廊」の部分です。

文昭院霊廟仕切門
本殿の西、奥院(墓所)への入口にある「仕切門」です。

zojyoji001.jpg
石段を登った先にある奥院宝塔前の「中門」ですが、扉が開いて家宣の宝塔が見えています。

この中門は戦災を免れたため、現在の徳川将軍家霊廟入口の「鋳抜門(いぬきもん)」に転用されています。

増上寺023
こちらが前回も紹介した、転用された「鋳抜門(いぬきもん)」です。上の写真と同じ門だということがよく分かります。

奥院は3区画に分かれ、左(南)の区画に6代家宣、中央に12代家慶、右に14代家茂と静寛院宮(和宮)の宝塔がありました。

続いて、2代将軍秀忠と正室の江(ごう)の霊廟のある「南御霊屋」を紹介します。こちらには家康公を祀る「東照宮」と「五重塔」も建てられていました。

増上寺鳥瞰図03
こちらも「南御霊屋」を拡大した境内図です。

台徳院
まず、台徳院(たいとくいん・2代将軍秀忠)霊廟の入口になる「惣門」です。

こちらの門は前回の最後にも紹介しましたが、戦災を免れ、現在は東京プリンスパークタワーの敷地内に現存しています。建立当初は現在地より西寄りにあり、1959年に45メートル東方へ曳家されました。
門の先に見えているのが「勅額門」ですが、こちらは埼玉県所沢市の狭山不動寺(西武ドーム前)に移築されています。参拝していないので写真はありません(^_^;)

taiyuuin soumon02
現在の「惣門」、当然といえば当然ですが全く同じ門です。

増上寺034
葵の御紋も光っています(^_^)v

崇源院霊牌所
境内図にもある「崇源院(お江)の霊牌所」です。東向きに建っていたようです。

台徳院御成門
こちらは秀忠の墓所、奥院(宝塔)の参道にある「御成門」。この門も狭山不動寺に移築されています。

zojyoji004.jpg
平面八角形で裳階付きの覆屋の内陣と2代将軍秀忠の宝塔。

台徳院宝塔
同じく2代将軍秀忠の宝塔の着色写真です。

秀忠の遺骸はこの豪華な宝塔の地下、石棺の中に葬られました。この宝塔は、円柱形の塔身の上に宝形屋根を載せた形式の「木造宝塔」だったため、東京大空襲で残念ながら焼失してしまいました。

増上寺五重塔

zojyoji007.jpg
境内図では一番南に描かれている「五重塔」です。

この五重塔は、後の大老酒井忠清が秀忠の霊廟造営に合わせて、承応年間(1652年〜1654年)に増上寺の南、現在の芝公園丸山古墳付近に建立しました。その後、文化年間(1804年〜1817年)に落雷で焼失。写真の塔は文化6年(1809年)姫路藩主の酒井忠道が再建したものです。
東京大空襲では、台座に至るまで全てが灰と化し現在は礎石すら残っていません。

芝東照宮003

増上寺052
最後に境内図で「東照宮安国院殿」として描かれている東照宮です。

現在増上寺の南、芝公園内にある「芝東照宮」は、もともとは増上寺安国殿と呼ばれていました。安国殿の名称は家康公の法名である「安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」によるもので、建物の大きさは、66州の国を永く守るためにとの家康公の遺言で66畳敷となり、敷地も増上寺本堂後方に定められました。
家康公の没後、遺言どおり家康公60歳の時の等身大の像(寿像)を祀り、元和 3年(1617年)に竣工されました。寿像は造営奉行であった土井利勝(後の大老、家康公の隠し子とも)が駿府より運んできたといわれています。

その後、寛永10年(1633年)には新たに安国殿を造替し、旧安国殿は開山堂となりましたが、寛永18年(1641年)には、3代将軍家光によって再度造替され、境内図の場所に移されています。この時造営の社殿は豪壮華麗を極めたものでした。
しかし、安国殿は明治時代初期の神仏分離令により増上寺から切り離され、東照宮と称する事になり、明治 6年(1873年)には郷社に列し、家光によって造営され、維持していたものを東照宮の社殿としました。
大正 4年(1915年)に本殿が国宝に指定され、伽藍の美を誇っていましたが、こちらも昭和20年(1945年) 5月25日の東京大空襲で、寿像と公孫樹(家光お手植えのイチョウ)を残して焼失。現在の社殿は昭和44年(1969年)に建立されたものです。

sibatousyougu
前回も紹介した現在の「芝東照宮」です。

増上寺038
今回の増上寺の参拝で特に印象に残った鐘の音、増上寺の梵鐘。

以上、前編、後編と増上寺の紹介をさせていただきました。
『江戸七分 ほどは聞こえる 芝の鐘』『今鳴るは 芝(増上寺)か上野(寛永寺)か 浅草(浅草寺)か』、いい川柳です。今回紹介した古写真といい、五・七・五の17文字の中から江戸の景色が見えてくるようです。

次回は、いよいよ「日光東照宮」を紹介します。

スポンサーサイト

江戸七分 ほどは聞こえる 芝の鐘

  • 2013/02/13(水) 16:57:10

増上寺① (ぞうじょうじ)■所在地/東京都港区芝公園四丁目7番35号 ■山号/三縁山(さんえんざん)■宗派/浄土宗鎮西派 ■本尊/阿弥陀如来
■創建年/明徳4年(1393年)■開基/酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人■正式名/三縁山 広度院 増上寺(さんえんざん こうどいん ぞうじょうじ)

(参拝日/平成25年2月6日)

川瀬巴水03
「昭和の広重」と呼ばれた、川瀬巴水(かわせ はすい)の『増上寺の雪』です。

初めて参拝しました「増上寺」。今回の東京旅行、一日半の日程しかなかったので何処へ行こうか散々迷いました(>_<)
上野の寛永寺を参拝するか、芝の増上寺を参拝するか?ホテルでどちらが近いか地図と睨めっこです(田舎者なので全然分かりません(T ^ T))んんん、品川からだと芝の方が近いか?上野は広そうだし時間的に無理か?
品川のホテルを出たのが3時30分、なぜ品川?は、まあいろいろあって
ノーコメントです(^_^;)
お寺が閉まっちゃうのは4時半か5時か?参拝して御朱印をいただいて、写真撮影をしてたら時間がな〜い!
駅でウロウロしてるよりはと、「増上寺までお願いします!」とホテルからタクシーに飛び乗りました。

(おっ、タクシー使ったの?贅沢( ̄◇ ̄;))
雨が降ってたし、何に乗ったらいいかサッパリ分からんしf^_^;)
(お互い田舎者だしな…)
お互いって、あんた誰?(ーー;)

この日は関東地方は大雪の予報でしたが外は雨。途中、「泉岳寺」の看板を見ながら「ここが赤穂浪士の墓がある泉岳寺ね?でも自分は吉良さんの地元に近いからスルーだな…」などと言っていると、雨に煙る東京タワーが見えて来ました。増上寺へ到着です。

増上寺004
残念ながら雪ではなくて雨の増上寺「三解脱門」です。

うわーっ!凄い三門…これ、写真で見た!見た!さすが東京f^_^;)
(ほんと、田舎者まるだしだな…)
「・・・」

ここ芝の増上寺は、上野の寛永寺と並び徳川将軍家の菩提寺で、徳川将軍15代のうち、2代秀忠・6代家宣・7代家継・9代家重・12代家慶・14代家茂の6人、その他将軍の正室、側室、子女ら計35名が葬られています。

天正18年(1590年)家康公が江戸入府の際、武蔵国豊島郷貝塚村(現在の千代田区平河町から麹町にかけて)にあった増上寺の住職、源誉存応(げんよぞんのう)上人に深く帰依したのが菩提寺となるきっかけと伝えられています。
貝塚から一時日比谷へ移った増上寺は、江戸城の拡張に伴い、慶長3年(1598年)家康公によって現在地の芝へ移されました。風水学では、寛永寺を江戸の鬼門である上野に配し、裏鬼門の芝の抑えに増上寺を移したものといわれます。

増上寺鳥瞰図02
明治時代の増上寺境内全図です。

第二次世界大戦前には台徳院(秀忠)霊廟、崇源院(秀忠夫人)霊牌所、文昭院(家宣)霊廟、有章院(家継)霊廟が国宝に指定されており、その壮大さは上図の様に日光東照宮に引けを取らないものでしたが、昭和20年(1945年)2度の空襲を受け3月10日に北廟68棟が被災、
続く5月25日に南廟28棟が被災し、その建造物群のほとんどを焼失しました。
歴代将軍の広大な北廟跡地と南廟跡地は、現在いずれもプリンスホテルになっており、本堂裏(西)は東京タワーになっています。

増上寺境内図
焼け残った建物は「三解脱門」「黒門」「梵鐘」「水盤舎」「経蔵」
「台徳院霊廟惣門」「有章院二天門」「御成門」と、現在の徳川家霊廟の「鋳抜門」のみです。(台徳院霊廟 勅額門、丁字門、御成門は埼玉県所沢市の狭山山不動寺(西武ドーム前)に移築されています。)

sangedatumon
戦災を免れた壮大な三解脱門(さんげだつもん・三門)。元和8年(1622年)建立の二重門(重層で各層に屋根が付く門)です。

この門をくぐると、三毒『3つの煩悩、貪(とん、貪欲)・瞋(しん、怒りの心)・癡(ち、愚痴)』から解脱できるとされており、内部には釈迦三尊像と十六羅漢像を安置しています。

増上寺019
三門をくぐった先が「大殿(本堂)」です。
境内、左の緑の屋根が戦災を免れた「水盤舎」。

増上寺009
境内から見た「三解脱門」、迫力あります。

増上寺013
「水盤舎(すいばんしゃ)」、手水舎(ちょうずや・てみずや)とも呼ばれ、参拝者が身を浄めるため手水を使う場所です。

suibansya

増上寺012
案内板のとおりですが、もとは家光3男「徳川綱重(とくがわ つなしげ)」の霊廟(現在の東京タワー辺り)にあったものです。

増上寺016
彩色の剥落が激しいですが、創建時の貴重な遺構です。

増上寺001
「大殿」は昭和49年(1974年)に鉄筋コンクリート造りで再建されました。

増上寺002
「増上寺」の扁額です。

増上寺040
「大殿」内陣です。

増上寺039
ご本尊「阿弥陀如来」です。床がピカピカ!光ってます(*^^*)

「大殿」を参拝して、御朱印をいただけるお隣りの「安国殿」へ向かいます。

「安国殿」は、法燃上人800年御忌を記念して平成23年(2011年)に再建されました。「安国殿」の名称は、家康公の法号『安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士(あんこくいんでんとくれんじゃすうよどうわだいこじ)』の最初の「安国殿」からその名がとられ、家康公の念持仏として有名な、秘仏「黒本尊(くろほんぞん)阿弥陀如来」が祀られています。

増上寺006
新築の「安国殿」。後ろには東京タワーです。

増上寺007
幔幕には葵の御紋と菊の御紋が染め抜いてあります。

こちらには、ご本尊の「黒本尊(くろほんぞん)阿弥陀如来」、また両脇陣には、聖徳太子像、仏舎利、そして14代将軍家茂(いえもち)に降嫁し、家茂の死後は静寛院宮(せいかんいんのみや)と名乗った「皇女和宮(かずのみや)」様の木像が祀られています。和宮様も薨去後、ここ増上寺に夫の家茂と並んで葬られました。

増上寺045
家康公の念持仏「黒本尊」、秘仏のためこちらは
お前立です。

増上寺044
「皇女和宮」様の木像です。

そろそろ時間もなくなってきたので、参拝を済ませてこちらの安国殿で御朱印をいただきました。

(ん?今回は御朱印の紹介、ずいぶん早いな?)
あ、実は紹介したい写真がいっぱいあって忘れちゃいそうなので…
(そんなに見せても飽きると思うけど(ーー;))
まあまあ旦那、そう言わずにσ(^_^;)
(旦那って、あんたねぇ…)

増上寺御朱印02
まずは、大殿のご本尊「阿弥陀如来」の御朱印です。

増上寺御朱印01
そしてメインの葵の御紋入りの御朱印です!
「黒本尊」の御朱印。

ここまで来た甲斐がありました(T_T) 葵の御紋入りの御朱印!これだけで大満足(^_^)v

増上寺022
次に、安国殿の裏にある現在の「徳川家霊廟」に
回ってみました。

戦災前の徳川家霊廟は、現在プリンスホテルの所有地になっている「北御霊屋」と「南御霊屋」に分かれた広大なものでした。
特に「南御霊屋」の大部分は、東照宮と五重塔、台徳院(たいとくいん・2代将軍秀忠)の霊廟、秀忠夫人の崇源院(お江)の霊牌所で占められていました。
「北御霊屋」には、文昭院(6代家宣)霊廟、有章院(7代家継)霊廟の他、将軍正室・側室・子女の宝塔が建ち並び、もし現在残っていれば、あるいは日光東照宮をはるかに凌ぐスケールだったと思います。
(こちらは昔の写真を交えながらPart2で紹介します。)

増上寺023
霊廟の公開日ではなかったため、扉は閉まっています。

この門は旧国宝で「鋳抜門(いぬきもん)」と呼ばれ、もとは文昭院(6代家宣)霊廟の奥院の宝塔前中門だったものです。
鋳抜門とは、その名のとおり扉以外を鋳型で抜いた門の事で、青銅製のため戦災にも焼け残りました。
左右に昇り竜、下り龍が鋳抜かれています。

増上寺024
扉には10個の葵の御紋が打たれています。真鍮製のようです。

増上寺026
塀越しに撮影してみました。手前の宝塔(石塔)は7代将軍家継の
宝塔か?(塀越しなので自信なし…)

現在この霊廟には、2代 秀忠夫妻、6代 家宣夫妻、7代 家継、9代 家重、12代 家慶、14代 家茂、静寛院和宮、将軍生母側室等の8基の宝塔があります。戦前までは宝塔・墓は独立していましたが、戦後墓地の改修等で合祀されて今の姿になっています。

増上寺027
こちらの青銅製の宝塔は和宮様のようです(こちらも自信なし…)。

御朱印も無事にいただいたし、と増上寺をあとに芝東照宮へ向かいました。

「ゴォォォーン…ゴォォォーン…」

いい音ですねぇ〜
これが『江戸七分 ほどは聞こえる 芝の鐘』と川柳に詠まれた増上寺の鐘かぁ…しんみりするなぁ(−_−)
などと言ってる場合じゃなーい(; ̄O ̄)確か鐘撞きは5時のはず。しまった!東照宮はもう閉まってるがな!

増上寺037

増上寺049
この大梵鐘は、木更津まで響いたといわれ、
「江戸っ子鐘」と親しまれているそうです。

本当にいい音ですが、関東の人間ではないのでここから「木更津」がどれくらいの距離かさっぱり分かりません(^_^;)
木更津って確か千葉県ですよね?昔はビルも無かったし、鐘の音も風に乗って響いたのかな…

芝東照宮001
とりあえず行ってみました「芝東照宮」やっぱり閉まっていました。
御朱印はいただけず(>人<;)

ふたたび増上寺へ戻って「台徳院(たいとくいん)霊廟惣門」を撮影する事に…
(行ったり来たり忙しいやつヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 )
撮影、忘れちゃったのでσ(^_^;)

増上寺033
「南御霊屋」2代将軍 徳川秀忠の霊廟への惣門です。こちらも戦災を免れた貴重な遺構ですが、現在は増上寺の手を離れてプリンスホテルの所有になっています。

増上寺036
日が暮れてのライトアップも綺麗です。

これでPart1は終わります。次回もまた増上寺Part2を…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。