スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行で感動出来るか?

  • 2013/01/10(木) 19:40:40

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう) ■所在地/京都市東山区三十三間堂廻町657 ■宗派/天台宗 ■本尊/千手観音 ■創建年/長寛2年(1165年)■開基/後白河天皇 ■正式名称/蓮華王院(れんげおういん)本堂

(参拝日/平成24年11月1日)

前回の養源院の向かいが、京都有数の観光名所として知られる三十三間堂です。正式名称を「蓮華王院(れんげおういん)」といいます。
和様、入母屋造りの見事な本堂は地上16m、奥行き22m、長さは南北に120mも続いており、木造建築では世界一の長さです。堂内には、中央にある高さ3.4メートルのご本尊・木造千手観音坐像(国宝)を中心に、左右に10段50列で各500体ずつ、そして裏に1体の合計1,001体の千手観音像が並んでいます。この観音像、正しくは「十一面千手千眼観世音菩薩」といいますが、1,001体もの金ピカの観音像、実際に目にすると実に壮観!一瞬言葉を失うくらいの圧倒的な迫力です。

moguro01.jpg
ん?鈍い光が、なんかイヤ〜な予感…


moguro02.jpg
「ホーッホッホッホッホッ」「またお会いしましたね」

うわぁ!いつの間に…まだいたんですか? もうてっきり帰ったかと。それに、ますます気味悪くなってるんですけど(≧∇≦)

「ホーッホッホッホッホッ!はい、またお声が掛ると思って先回りしておりました。ここには金ピカの仲間もいっぱいいますし…ひょっとして貴方、こちらでも撮影が出来なかったんですね?
こちらの本堂も撮影禁止ですから…そんな貴方のココロのスキマ、いや記事のスキマをお埋めしようとお待ちしておりました」

んんん…(鋭い!実は本堂の中の写真が一枚もない(T . T))

「ホーッホッホッホッホッ!図星でしたか?今回も外からの写真を貼ってお茶を濁すつもりですね。いけませんねー、どうです?わたしが貴方の夢を叶えて差し上げましょうか?いえいえ、お金は一銭もいただきません…」

えっ?本堂の中の撮影をさせてくれるの?って…ふっふっふっふっ
残念!!
もうあるもんねー♪

これだぁー! ドーン!
三十三間堂07
パンフレットからの撮影です。いやぁー凄いです…

「・・・」 喪黒001 「ぅぅ、二度と来るか!」

あれ、もう帰っちゃうの?心なしか後姿が寂しいんですけど(*^^*)
それに小さくなってるし…

さあ、ドーン!の人も帰ったところでお茶を濁す画像を貼っていきますf^_^;)

三十三間堂03
三十三間堂04
定番中の定番、南北120mの本堂です。

三十三間堂09
本堂内部はこうなっています。左側に1,001体の
千手観音像がおわします。

平安時代後期、約30年の院政を行った後白河上皇が、もともと当地に離宮としていた「法住寺殿(ほうじゅうじどの)」の一画に「平清盛」の資財協力により建立したのが蓮華王院本堂(三十三間堂)です。
ところが建長元年(1249年)、市中からの火災により焼失。鎌倉時代の文永3年(1266年)に再建されたのが現在の建物です。当時は朱塗りの外装で、堂内は花や雲文様の極彩色で飾られていました。

三十三間堂08
「木造風神・雷神像」の内「雷神像」で鎌倉再建時の作です。

堂内左右端に安置してあり、風神・雷神像の姿をユーモラスに表現した二つの像は、俵屋宗達の『風神雷神図屏風』のモデルになったともいわれています。(宗達、お向かいの養源院にもいました)

三十三間堂05
本堂正面、「国宝 三十三間堂」が誇らし気ですが…
内部が撮影禁止なのは残念!

三十三間堂06
こちらも定番の長〜い廊下。

やっぱりドーン!の人(だから誰やねん?)が言ったように、定番写真でお茶を濁しました(綾鷹かよ…)。
それにしても、ここは京都有数の観光名所で修学旅行の定番コースだけあって、私が参拝した日も学生がいっぱいでした。
自分の経験から言っても、修学旅行って、ただダァーっと見て回ってハイッ次!みたいな感じですよね?
ほんとにこれでいいのか?って、多分いいんでしょう。
小中学生でお寺や神社に興味を持ってる子ってまずいないし…(みうらじゅん氏みたいな人は例外f^_^;))お坊さんに説明聞いても多分退屈なだけでしょう(*^^*)

私も修学旅行以来、観光名所という事で意識的に避けていたのもありますが、改めて来てみるとここは本当に凄いです。特に1,000体千手観音には感動しました!やっぱり神社仏閣はある程度歳を取ってから回るものですね。ただあんまり歳食っちゃうと足腰が弱って(特に階段がキツい)回れなくなるけど(^_^;)

三十三間堂10
本堂の真ん中、ご本尊の前の納経所でいただいたご朱印です。
メチャメチャ達筆です。書いていただいている間、外人さんに
取り囲まれました(*^^*) 珍しかったんでしょうね?

右から、奉拝 日付 大悲殿(観音様の事です)蓮華王院です。

今回も写真が少ない分、ドーン!の人(だから誰?)に出ていただいき助かりました(^人^)

次回も京都かな?(なかなか家康公の出番がないな…)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。