スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウト?セーフ?

  • 2013/01/14(月) 22:35:36

日吉東照宮(ひよしとうしょうぐう)■所在地/滋賀県大津市坂本四丁目2-12 ■主祭神/徳川家康公 ■社格等/日吉大社末社 ■創建/元和9年(1623年)

(参拝日/平成25年1月12日)

日吉東照宮18

日吉東照宮は元和9年(1623年)天海僧正により家康公を祀るため、ここ比叡山の麓に造営されました。
その後、寛永11年(1634年)には本殿と拝殿を石の間で連結する「権現造り」の様式に改築。この東照宮で初めて造られた「権現造り」の建築様式を、3代将軍家光が再建着工した日光東照宮に用いたため、日光東照宮の原型・雛形と言われています。

滋賀院門跡を後にして西へ徒歩5、6分。本日のメインイベント「日吉東照宮」へ向かいます。
ダラダラ坂を登って行きますがこれが結構えらい!(えらい=しんどい)←これ名古屋弁(*^_^*)
坂の両側にはいくつもの里坊(お寺)がありますが、すれ違う若い修行僧の方がみんな挨拶をしてくれます。えらいですね〜(あ、こっちのえらいは偉い、立派という意味です)
名古屋弁って、疲れたも「えらい」、立派も「えらい」なんですよね。
例えば、関西弁だと「ああ、しんど!」ですが、名古屋弁は「ああーえらぁ〜!」こんな感じです。

日吉東照宮19
やがて東照宮の鳥居が見えてきます。また石段かぁ…

ハァー、ハァー、言いながら石段を登っていると「こんにちはー!」と、部活の学生らしき子が元気よく声を掛けてくれます。後で分かったんですが東照宮のお隣りが「比叡山高校」のグラウンドでした。
途中で何人もの生徒にすれ違いましたが、みんな丁寧に挨拶してくれました。
いやぁー!比叡山高校えらい!(あ、こっちは「偉い」です)何か名古屋弁はややこしいな( ̄▽ ̄)

実は、石段を登りながらドキドキしていました。東照宮の「社務所」が開いているか、閉まっているか…
事前のリサーチでは、「土・日祭日のみ拝観受付」と「日祭日のみ拝観受付」と二つの情報あり。迷いましたが三連休の初日、土曜日だしまず間違いなく開いてるだろう…と今日を参拝日に決めました。

アウトか?セーフか?石段を登りきると…
お隣りの比叡山高校のグラウンドから大きな声!(もう落ちが分かりますよね?)





「アウト!」 
うわぁぁぁ!社務所閉まってるやん(><) 読みが甘かった!
社務所には「日祭日のみ拝観受付」の張り紙が…神職さん誰もいないし。これじゃ御朱印もいただけません(T . T)

日吉東照宮01
当然、正面の「唐門」の扉はしっかり閉ざされていました。

日吉東照宮02
開いていれば唐門から拝殿の中まで200円で拝観できたのに…

こうなったら写真だけでも!と、「透塀」の間(◇の所です)にデジカメを突っ込んで撮りまくりましたf^_^;)

日吉東照宮10
「唐門」と「透塀」です。屋根の唐破風(からはふ・Ωの所)の飾り金具は素晴らしいんですが、透塀の庇がトタン貼り?なのはちょっと悲しい…

日吉東照宮15
「唐門」の鶴の彫刻ですが、彩色が剥落してます。

日吉東照宮04
日吉東照宮09
こちらが「拝殿」です。独特の彫刻が素晴らしいですが、黒漆の塗りがかなり退色してます。

日吉東照宮12
しかし、さすが東照宮という感じです。

日吉東照宮13
「木鼻」には定番の唐獅子の彫刻、柱には葵の御紋の飾り金具が。

日吉東照宮14
こちらも定番の虎の彫刻。右の虎は塗りが剥げて白虎になってます(^_^;)

日吉東照宮17
真横から見た「権現造り」の「拝殿」。右が「石の間」です。

日吉東照宮16
左が「拝殿」、真ん中が「石の間」、右が「本殿」です。

横から見ると真ん中の「石の間」が数段低くなっているのがよく分かりますが、これが「権現造り」の特徴です。
これは、宮司さんが御祭神である家康公に対して、背を向けて奉仕しても非礼にならないよう配慮されたもので、「石の間」にいる宮司さんの姿が「拝殿・参拝者の将軍」、「本殿・御祭神家康公」の両方から見えない様に工夫したものと言われています。
つまり宮司さんが凹んだ中にいれば、どっちにお尻を向けててもOK!ということですね(^_^;)
うーん!上手く考えたなぁ…

透塀の◇の中にカメラを突っ込んでるので煽りが効かなく、アングル的に屋根まで撮れません(>_<)
◇が小さくて中には手も突っ込めないし…(オイオイ!そんな事して、もし手が抜けなくなったらどうする\(^-^ ))
えっ、抜けなくなったら?◇を切っちゃうか?(待て待て!ここは重要文化財だぞ!)
大丈夫、壊してませんから。何なら誰か見て来てください(^_^;)(後で誰かやってたりして…)

日吉東照宮03
離れて撮ってもやっぱり塀が邪魔です。

日吉東照宮06

以上、「アウト?セーフ?ヨヨイが…」じゃなくて「日吉東照宮」でした。
そう言う訳で、今回は残念ながらこちらの御朱印はありません(><)
いつかリベンジです。

次回は、ちょっと変わって織田信長の幻の名城「安土城趾」をご紹介します。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。