スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松平・徳川氏発祥の地②

  • 2012/12/14(金) 16:25:14

高月院(こうげついん) ■所在地/豊田市松平町寒ヶ入44 ■宗派/浄土宗 ■本尊/阿弥陀如来 ■創建年/貞治6年(1367年)■開基/松平信重(在原信重)■正式名/本松山 高月院 寂静寺

(参拝日/平成24年10月5日)

松平東照宮から300mほど東へ歩いたところにあるのが高月院です。寺伝によれば、徳阿弥こと松平親氏がこの地に流れて来た頃、すでにこのあたりには寂静寺(じゃくじょうじ)と呼ばれるお寺が存在していたそうです。
「寂静寺」は在原(松平)信重(親氏の妻の父親)が建立したといわれ、親氏が1367年に本尊阿弥陀仏をはじめとした堂・塔のすべてを寄進してから「本松山 高月院 寂静寺」と改め、それ以来松平氏の菩提寺になったと伝えられています。

家康公は寺領百石を寄進し、以来、江戸幕府・歴代将軍により将軍家先祖の菩提所として手厚い保護を受けてきました。また高月院の住職は将軍の命で選任され、十万石待遇により東海道を籠で往復。人足8人、馬5頭の使役を許されていたといいますからまさに大名並みですね。
きっと道中は葵の御紋の付いたお籠に乗っていたんでしょうか…

img_959822_16768548_0.jpg
右に室町塀を見ながら高月院へ向かいます。左奥、白壁が見えるのが
高月院です。

画像 1861
彼岸花の向こうに高月院の白壁。

画像 1885
高月院の山門です。

現在の山門や本堂は、寛永18年(1641年)に徳川家光によって建立されたものです。家光、あちこちで頑張りますね~家康公ゆかりの寺社を訪ねると必ず家光の名前が出てきます。

画像 1887
家光建立の山門ですので「将軍門」と呼ばれているそうです。

画像 1880
高麗門形式の戸無し門です。高月院の額が掲げてあります。

img_959822_16768548_2.jpg
高月院の案内板です。

画像1886
画像 1888
将軍門をくぐると整備された参道がつづきます。

img_959822_16768548_6.jpg
本堂手前の山門の脇にある「仏足石」(お釈迦様の足跡を石に刻み
信仰の対象としたもの)です。

画像 1900
この山門をくぐればいよいよ本堂です。

画像 1882
本堂です。外からお参りさせていただいていると…

「どうぞ中へ入ってお参りください」の声。本堂内をお掃除されていた副住職さん(住職の息子さん)でした。この方、実はとてもお話好きな方だと後で分かるのですが…

画像 1840
本堂内陣です。手前には木魚がズラリと並んでいますね。

こちらのお寺の内陣には結界(ご本尊の前にある柵)が無いんです。普通はご本尊の所が段になって高くなっているか、結界があって近寄れない所が多いのに、実にオープンな感じがとても良かったです。
浄土宗のお寺なので、ご本尊の左におられるのは「法然上人」ですね。たぶん木彫彩色だと思いますがアップの画像はありません(撮影を躊躇したのが残念!!)。欄間には葵の御紋も彫ってあり完璧!

画像 1860
画像 1870
本堂の石段の上にある松平氏の墓所です。

画像 1901
中央が初代親氏、右が2代泰親、左が4代親忠夫人の墓塔です。

最後に御朱印をいただいたのですが、書き終わった副住職さんがいきなり「あなたは南無阿弥陀仏を唱えれば極楽浄土へ本当に行けると思いますか?」「神や仏を信じますか?」と、どこかで聞いたような事を…
いきなり言われて返答に困りました(笑)。
私、「まあ信じてる方は信じてるんじゃないですか?」などと答えになってないような返事(笑)。
副住職さんからは今のお寺の現状やら、将来お寺は無くなるんじゃないかとか、こちらも母親の亡くなった時のお寺さんへのお布施が高い!どう思いますか?などと一時間近く話を…(実は先を急いでたので時計を見ながらですが)なかなか帰るきっかけが掴めなくて焦りました(笑)よっぽどお暇だったんでしょうね。
やっと開放されてホッと!みなさんも副住職さんに御朱印をいただく時には気を付けて下さいね(これ、オフレコで…)。あ、副住職さん、こんなブログきっと見ないよね?

高月院G
そんな副住職さんにいただいた御朱印です。
右から、松平 髙月院 南無阿弥陀仏 日付です。

次回は岡崎市に戻り、岡崎城公園にある「龍城神社(岡崎東照宮)」をご紹介する予定です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。